トミザワ薬局の薬剤在庫管理システム

トミザワ薬局では在庫を各店舗だけではなく、会社全体として共有していくために独自に開発した在庫管理システム「PiMS」を利用して薬剤在庫管理業務の効率化を行ってます。

「PiMS」は各店で薬剤使用量、使用期限、ロットなど各店舗の在庫状況を一括に閲覧、把握することができます。

さらに本部では会社全体の在庫状況をコントロールするために店舗間の発注先の指示などを行っております。

この「PiMS」を元に「ライン便」と呼ばれる流通システムで各店舗間の薬剤の移動を行っています。

PIMS

上図のように
不足在庫が出た際、A店→B店のように在庫に余裕のある店舗に零売をかけることやC店→D店のように本部が停滞品の存在する店舗への発注を指示することもあります。
「PiMS」を使用することで、グループ店や地域店との零売、不足薬が生じた場合などでも素早く対応することができます。
またロット管理を徹底することにより、包装変更や医薬品メーカーの回収情報などの緊急対応に備えることができ、常に使用期限の長い医薬品を在庫することで、品質管理の向上に繋がります。
在庫管理システムの導入、会社全体として在庫管理に取り組むことにより「安全、安心な医薬品」を患者さんへ提供することができます。

トミザワ薬局の調剤管理システム

トミザワ薬局では、スピーディーで確実な調剤サービスを提供するため、調剤の各シーンに合った支援システムを導入してます。

システムにより生み出される時間と知識の余裕はより患者さんからのご相談に寄り添えるものと考え、トミザワ薬局は『患者さん志向型かかりつけ薬局』を目指します。

ここでは調剤業務を効率化するシステム、経験年数に依存しない最新の情報を提供するためのシステム、そしてなによりも大切な安全、安心な医療を提供するためのシステムを調剤業務の流れに沿ってご紹介します。

調剤管理システム

1.処方箋受付

  • 処方箋受付

ご来局された患者さんに心地よく安らぎを与えられるような接客をします。

患者さんが来局されたら、まず挨拶をし、両手で処方せんとお薬手帳をお預かりします。
処方内容によって時間がかかりそうな患者さんには一声かけるようにしています。

2.初期監査

  • 初期監査
  • 初期監査

患者さんから受け取った処方箋について処方箋内容に間違いがないか確認します。

患者さんから受け取った処方せんについて、薬歴情報との整合性や禁忌・相互作用、重複投与などを確認します。
確認後迅速に調剤を始められるよう処方せんの情報をスキャナで読み込みタブレット端末へ飛ばします。処方入力のミスを減らすため処方せんに記載されている2次元バーコードから処方内容を読み取ります。

●スキャナ

処方せんの原本を読み取りタブレット端末へ飛ばすことにより処方入力と同時に調剤することを可能にします。

●2次元バーコード

処方せんのデータを自動的にコンピューターへ読み込みします。人による入力ミスを防ぎ、薬袋やお薬手帳に正しい情報が印字されます。

3.調剤

  • 調剤
  • 調剤
  • 調剤

患者さんの状態とコミュニケーションを取りながら処方医の指示のもと個々の患者さんにとって最適な方法で調剤をします。

●調剤支援機

処方せんに従って、錠剤、散剤、水剤等を調剤します。
また混合、粉砕、一包化など、患者さんの状態とコミュニケーションをとりながら処方医の指示のもと個々の患者さんにとって最適な方法で調剤します。
ここでは調剤の様々なシーンでサポートする支援システムをご紹介します。

  • 計数調剤
  • 錠剤ピッキング
  • シロップ調剤
  • 軟膏調剤
  • 一包化分包機
  • 監査支援
  • ピッキング監査システム
    患者さんの安心安全に配慮し、バーコードピッキングシステムを導入してます。 新卒の皆さんやブランクがある方々の正確な調剤を強力にバックアップ、チェックの目を1つ増やすことにより安全性、正確性をより高めます。
    ピッキング監査システム
  • 錠剤PTP自動払出ロボット
    錠剤PTPシートを端数まで全自動で払い出すことができ、その正確な払い出し機能によって、計数調剤の精度が上がり、安全性が高まります。
    錠剤PTP自動払出ロボット
  • 自動水剤定量分注機
    タッチパネルからの簡単な操作で、正確でスピーディーな分注、さらに1回の服用量に合わせて水などの賦形量を自動計算してくれるほか、患者さんの名前、用法、用量がラベルシールで発行されるので、調剤過誤の予防、管理の向上にもなります。
    自動水剤定量分注機
  • 軟膏自動混練機
    遠心力により軟膏同士を自動で混合し気泡も除去。短時間で美しい仕上がりが可能。 また従来のような軟膏版の掃除も必要ないため後片付けもラクチン!
    軟膏自動混練機
  • 全自動錠剤散薬分包機
    一度に数か月分の1包化を作成でき、薬品名や日付など様々な印字が可能なので患者さんのニーズに合わせて細かく対応できます。
    全自動錠剤散薬分包機
  • 一包化錠剤監査支援システム
    一包化調剤の効率化・監査強化を目的とし、より正確な計数、色・形状、異物チェックも可能です。 さらに大画面上で中身を目視できるので通常の監査よりも見やすくなり正確な監査を支援します。
    一包化錠剤監査支援システム 一包化錠剤監査支援システム

調剤支援システムを導入することにより、業務にゆとりが生まれ、様々な問題点に目が届くようになり、患者さんとのコミュニケーションの時間、処方と向き合う時間を増やせます。
その結果、患者さんの信頼、安心を高め、われわれの目指す「かかりつけ調剤薬局」へ、より大切 な安心、安全な医療の提供に繋がります。

4.最終監査

  • 最終監査
  • 最終監査

患者さんに薬剤を交付する前の最後の点検段階です。

●最終監査

患者さんに薬剤を交付する前の最後の点検段階です。正しい最終監査が調剤過誤を未然に防ぐ砦となります。
薬剤の調剤が全て終了した後、再度処方通りに正しく調剤されているか、薬歴データや医薬品情報を見ながら処方内容も含めチェックします。
分包機によりパッケージされた薬も、1包ごとに中身をチェックします。
また患者さんにお渡しする帳票類もきちんと確認します。

5.服薬指導・薬歴

  • 服薬指導・薬歴
  • 服薬指導・薬歴
  • 服薬指導・薬歴

お渡しするお薬について、患者さんの状況を確認し、安全かつ効果的に服用して頂けるように説明し処方されたお薬を交付します。

●服薬指導

お渡しするお薬について、薬学的な観点から患者さんの状況を確認し、安全かつ効果的に服用していただけるように、効能・効果、用法・用量、服用上の注意点などをわかりやすく説明し、処方されたお薬を交付します。
また薬学的な観点と患者さん個人のライフスタイルから、安全かつ効果的に服用して頂けるよう、服薬指導時にも電子薬歴を活用できます。
薬剤の添付文書情報を確認することもでき、患者さんからのご相談に、正確にお答えするための幅広いツールとして機能しています。

●薬歴記載

患者さん個人の薬剤情報管理のみにとどまらず、患者さんとの対話に寄り添う、情報のデータベースとしても機能しております。
このデータベースを利用し、スクリーニング監査を行うことで、経験年数の若い薬剤師もしっかりとサポートすることができます。
音声入力(ENF voice (エニフ ヴォイス)、ドラゴンスピーチ)また薬歴入力では、タイピングが不得意な薬剤師をサポートする、音声入力(ENF voice (エニフ ヴォイス)、ドラゴンスピーチ)も導入しています。