トミザワ薬局はチーム医療の一員を実践している薬局です

患者さんから信頼されるだけではなく医師、医療機関から信頼されることで初めてチーム医療の一員として活躍できます。

いかにすれば患者さんや医師、医療機関から信頼されるのか?

大病院の前の薬局では処方医の顔も見たことも話をしたこともない薬剤師が多数います。なかなか医師との直接的な関係が築きづらいものです。顔も見た事がない方と信頼関係が築けますか?
当社は処方医と患者さんとの信頼を築く事を実践している調剤薬局です。医師とのコミュニケーションスキルは近隣医療機関の病院やクリニックモール(複合型開業)、クリニックの調剤を中心に養われ、面分業としての大学、総合病院など広域病院の調剤に幅広く活用されます。

患者さんや医療機関から信頼されている薬局です

患者さんは医師と薬剤師が伝えることが違う場合など驚くほど不安に感じます。そのような事が起こらないように当社では店舗ごとに近隣の処方医の考え方や治療方針を理解する場を設けております。治療方針を理解し薬や患者さんについて双方向の情報交換や研修をすることで、医師、薬剤師が一体となります。当社はこの信頼関係がチーム医療での調剤薬局、薬剤師の役割と考えています。
当社の店舗展開や医師を交えての研修、コミュニケーションスキル研修や様々な生涯教育研修があればこそ臨床薬剤師として成長しながら患者さん、医師、医療機関から信頼を得る喜びを共有し活躍しています。

  • 患者さんや医療機関から信頼されている薬局です

リスクマネジメント

患者さんは『薬のプロはクスリの間違いはしない』と思っています。
ヒューマンエラー対策として、散剤監査システムや薬剤ピッキングサポートとしてバーコードスキャンシステムを全店で導入しています。
薬の安全管理や業務の流れを分析し、ミスの起きにくい環境づくりに寄与する委員会が存在します。全店規模で安全に関する勉強会を開催し、ミスの未然防止に努めています。委員会メンバーは各店職員から選抜し、会社からの任命にて活躍しています。
薬の安全管理や業務の流れを分析し、ミスの起きにくい環境づくりに寄与する委員会が存在します。全店規模で安全に関する勉強会を開催し、ミスの未然防止に努めています。委員会メンバーは各店職員から選抜し、会社からの任命にて活躍しています。

  • リスクマネジメント

    薬剤ピッキングサポート

  • リスクマネジメント

    散剤監査

教育研修

薬剤師に求められる役割は時代と共に大きく変化しています。
従来から求められてきた”薬の知識”や”正確な調剤”は、もはや必要条件でしかなく、医療人としての倫理観をもって、地域の医療の担い手としての役割や高度専門医療に特化した役割も求められています。その為には教育が非常に大切です。トミザワ薬局では充実した新人研修から始まり、定期的に多種多様な研修メニューの用意と自ら学ぶための環境整備に力を入れています。
知識と技術に優れるだけでなくコミュニケーション力豊かな薬剤師に育てます。

  • 教育研修
  • 教育研修
  • 教育研修

在宅医療への取組

トミザワグループ18店舗中16店舗で在宅業務実績があります。毎年年に1,2回の頻度で全職員対象に勉強会を開催しております。今までよりも多種多様かつ高度なニーズへの対応を見据え「調剤薬局とみざわてん」へ抗ガン剤のミキシング対応の無菌室を設けております。多職種・他機関と連携し地域の在宅医療に貢献すべく、医師初め多職種の方々と顔の見える関係を大切にしたいと考えております。

  • 在宅医療への取組
  • 在宅医療への取組

信頼しあう楽しい薬局です

トミザワ薬局は社員同士が和気藹々と仕事が出来る楽しい職場です。会社独自の研究会活動や委員会活動、そしてレクリエーションなどを通し仲間とのコミュニケーションを深め信頼関係を築いていきます。

  • 在宅医療への取組
  • 在宅医療への取組